OpenID(オープンID)|ITソリューション|サービス|株式会社ネオシステム|ITコンサルティング・システム開発

IT SOLUTIONITソリューション

OpenID(オープンID)

WEBサービスの世界で、本格的な広がりを見せるOpenID、
ネオシステムは本規格に対応したID連携システムの構築を支援します。

認証サービスソリューション

OpenID(オープンID)

フルオープンソースを使ったシングルサインオン(SSO/OpenAM)の実現と新認証システムとうたわれているOpenIDベースのユーザ認証(OpenId Connect)を使い、システム間連携には欠かせない、ID連携(IDフェデレーション)の実現をサポート致します。

ID認証サービス基盤

ID認証サービス基盤
Open ID対応認証システム

OpenIDとはウェブサイトのURL形式で構成されたユーザーの身元確認をするためのID規格で、ネオシステムは本規格に対応したサービスを構築します。

OpenIDに登録すると世界中のOpenID対応サイトに同一アカウントでログインすることができるため、ユーザの利便性を図ることができ、サイト運営者側としても独自の認証システムを構築するためのコストや、ユーザーの情報を管理する際のセキュリティ面でのリスクが軽減できます。

企業が利用するクラウド環境の中での認証やアクセス管理の複雑化を解決する手段としても現在OpenIDが注目されており、Google、Microsoft、Salesforceなど多くの大手Webサービス事業者がOpenIDによってID連携を可能としています。

OAuth対応サービス

OAuthとはAPI認証の仕組みのひとつで、第三者にユーザの個人情報をユーザの同意のもと認証を行う仕組みです。
OAuthはTwitterやfacebook等でも利用されているオープンな認証方式であり、
前述のOpenIDと合わせてOAuth認証サービスの構築についても支援しています。

Open ID Connect 標準仕様公開

2014年2月27日に標準仕様が公開され、
今後OpenID Connectへの取組みが加速し日本企業のビジネス拡大を支える重要な役割になると言われています。
当社では兼ねてより、OpenID Connectを利用した、大規模な認証サービス構築に尽力してまいりました。
セキュリティリスク対策への要求が強まる中、
OpenID Connectを利用した安全な認証サービスと弊社が強みとするOSSとを組み合わせるシナジーにより、
セキュアでエコなシステムを提供します。

Open ID Connect 標準仕様

この様なお悩みをお持ちのお客様はお問い合わせください

認証サービス系
  • ・サービス毎に利用者にIDとパスワードを入力させたくない。
  • ・利用者にパスワードを記憶・管理させたくない。
  • ・FaceBook、Twitter、Yahoo!などのポータルサイトと連携して、ユーザを呼び込みたい。
  • ・OpenID Connectを利用した新しい認証に変えたい。
  • ・既存のActiveDirectoryとシステム連携を行いたい。
  • ・IDやパスワードを発行するIDP(Identity Provider)を構築したい。
クラウド連携系
  • ・クラウドサービス(SaaS/BaaS)と認証連携を安全に行いたい。
  • ・GoogleAppsと認証連携をしたい。
  • ・Salesforceと認証連携したい。

お問い合わせはこちら

開発本部 通信サービス開発グループ

  • TEL:03-3545-6111
  • FAX:03-3545-6112
MAIL:open_id@neosystem.co.jp

ネオシステムはOpenIDファウンデーション・ジャパンの会員です。
OpenIDファウンデーション・ジャパンでは、国内におけるOpenID関連技術の普及・啓蒙、国際化の支援、仕様の日本語化について活動しております。