Power Automateについて |企業活動|株式会社ネオシステム|ITコンサルティング・システム開発

資料請求

CASE STUDY導入事例

Power Automateについて 

Power Automateとは

  • Microsoftが提供しているRPAで、ワークフローを自動化することができます。
  • ノーコーディングでワークフローを自動化することができます。
  • Power AutomateはMicrosoft365にバンドルされており、Microsoft365を導入している企業であれば無料で使用することができます。また、個別ライセンスも販売されています。

Power Automateの導入メリットについて

  • Microsoft365導入企業であれば無料でPower Automateを使用することができます。
    • ユーザ個人でフローを作成することが出来ます。
  • Microsoftで各種テンプレートが公開されています。これを利用することによりゼロから作成することなく実装コストを削減することができます。
  • SharePoint、Office Online、OneDrive、PowerBIなどMicrosoftのSaaSとの連携はもちろんのこと、GmailなどのGoogleのSaaSやTwitter、SalesforceなどMicrosoft以外のサービスと連携を行うことができます。
  • 各種データソースへのアクセス、各種API連携機能(コネクタ)が多数用意されているので、複雑なフローでなければ、ノーコーディングでワークフローを作成することが出来ます。

Power Automateでできること

  • Microsoftがテンプレートを公開しています。
  • 実装例
    • 特定の件名のメールを受信したら、Excelの行にメールの内容を書き出す。
      • 件名だけでなく、宛先、受信者、本文等の条件を設定することが可能。
      • Excelだけでなく、SharePointのリスト、テキストファイルなどにも書き出すことが可能。
    • SharePoint上のファイルを更新したら承認フローを実行する。
    • Gmailで受信したメールの添付ファイルをSharePointに保存する。
    • 毎週水曜日の特定の時間にメールを送信する。
    • 人事異動情報を一括処理。
      • AzureADの新部署、上司等を一括変更(Power Automate per userライセンスが必要な場合あり)
    • トライアル
      • Power Automateはユーザごとのプランにおいてフリートライアルが用意されています。

 

Case1:決まった日時にメールを送信する

毎週水曜日10時にメールを送信するフロー

Case2:メールが届いたらTeamsに投稿

  • メールに添付ファイルが付いて居た場合、SharePointに添付ファイルを格納。
  • Teamsで特定のチャネルにメールが届いたことを投稿。

ネオシステムは、このようなRPAツールを用いてお客様の業務改善のお手伝いをしております。